2015年03月05日

◆労働保険(労災保険・雇用保険)の加入(バックナンバー)

 労働保険とは、労災保険と雇用保険との総称で、例えパートやアルバイトであっても従業員を一人でも雇った場合は加入しなくてはならない。
 但し雇用保険の方は加入要件(31日以上の雇用でかつ週の所定労働時間が20時間以上)を満たす従業員が居ない場合は、加入者が居ないので保険料も掛からない。
 基本的に労働保険料は支払った賃金に所定倍率を掛けて算出する仕組みなので、支払賃金が高ければ高くなるし、支払賃金が低ければ保険料も低くなり、支払賃金に連動すると見て良い。(※但し工事業等、一部の業種の賃金額は請負金額に労務比率を乗じた額となる)
 加入の際に概算保険料を支払い、毎年4月~3月の年度毎に精算をすることになり、条件により、一括または3回の分割払いになる。
 この労働保険に加入しておくことで、従業員が業務上または通勤途上で負傷・死亡した場合に国が代わって補償してくれる。
 まずは、所轄の労働基準監督署に、「保険関係成立届」と「労働保険概算保険料申告書」を提出し、次に、その「保険関係成立届」の受領印のある事業主控えのコピーを持って、「雇用保険適用事業所設置届」を所轄の公共職業安定所に提出することになる。どちらにも添付書類として、会社の登記簿謄本(個人事業主の場合は住民票)が必要だが、原本と共にコピーを添えて提出し原本は返却希望としておけば返却してもらえるので複数部を用意しなくても使いまわしができる。
 また、「雇用保険適用事業所設置届」を提出するということは加入該当者が1人以上はいるということなので、該当従業員の「被保険者資格取得届」も一緒に提出することになる。

※この記事は、平成25年度の諸法令を基に作成しています。改正・改定の多い領域ですので、最新情報は都度ご確認いただけますようお願い申し上げます。

手続提出代行はこちら


posted by つぼみ応援団 at 21:21
"◆労働保険(労災保険・雇用保険)の加入(バックナンバー)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

社会保険労務士へのご相談はこちら!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。