2016年01月01日

☆労働者派遣法 H27改正後

 平成27年9月30日以降、特定労働者派遣と一般労働者派遣の区別は廃止され、全て許可制となった。そしてその許可基準の内容は、派遣労働者にとって安定した基盤となるよう盛り込まれている。平成24年に厚生労働省が実施した実態調査によると、派遣労働者の43%が「正社員として働きたい」と答ええている一方、43%は「派遣として働きたい」と希望している。このような実態に踏まえ正社員となる道を拡げる施策および派遣労働者としての待遇改善を図る施策が盛り込まれている。また派遣先にとっても、受け入れ基準の明確化が課されている。主な概要は以下のとおりである。
◆労働者派遣の期間制限 3年
・事業所・組織単位
・個人単位
 同一組織に異なる人物を派遣することや同一人物を別の組織や事業所に派遣することは可だが、派遣先が派遣労働者を指名することは人の特定にあたりNGとなる。
例外として、
 1. 派遣元事業主に無期雇用される派遣労働者を派遣する場合
 2. 60歳以上の派遣労働者を派遣する場合
 3. 終期が明確な有期プロジェクト業務に派遣労働者を派遣する場合
 4. 日数限定業務に派遣労働者を派遣する場合
(1箇月の勤務日数が通常の労働者の半分以下かつ10日以下)
 5. 産休・育休・介休等を取得する労働者の業務に派遣労働者を派遣する場合
は、期間制限の対象外である。
◆意見聴取
 事業所単位の期間制限による3年の派遣可能期間を延長しようとする場合は、期間制限の1箇月前までにその事業所の過半数労働組合等から意見を聴く必要がある。
 1. 事業所・延長期間を書面で通知
 2. 参考資料の提供(労働者数の推移・個々の派遣労働者の受入期間等)
 3. 意見聴取後以下の事項を書面に記載し、派遣期間終了後3年間保存
    ・過半数労働組合の名称または過半数代表者の氏名
    ・労働組合等に書面通知した日及び通知した事項
    ・意見を聴いた日及び意見の内容
    ・意見聴取後、延長する期間を変更したときは、その変更した期間
 派遣受け入れの継続の是非について労使間で実質的な話合いがなされなくてはならないということである。
また、過半数代表者が、民主的な方法によって選出されたものではない場合は、事実上意見聴取が行われていないものと同視して、労働契約申込みなし制度の対象となるとされている。
◆雇用安定措置(派遣元事業主の義務)
 ●対象者(就業継続を希望する派遣労働者)
  1. 同一の組織単位に継続して3年間派遣される見込みがある方
    →下記①~④いずれかの措置を講じる義務
  2. 同一の組織単位に継続して1年以上3年未満派遣される見込みがある方
    →下記①~④いずれかの措置を講じる努力義務
  3. 上記以外で派遣元事業主に雇用された期間が通算1年以上の方
    →下記②~④いずれかの措置を講じる努力義務
 ●内容
  ① 派遣先への直接雇用の依頼
    ・派遣終了後に、本人に直接雇用の申込をしてもらうよう依頼
    ・直接雇用に結びつかなかった場合は②~④を追加措置
  ② 新たな派遣先の提供
    ・待遇等に照らして合理的な「新しい派遣先」を確保し提供
    ・無期雇用としたうえでこれまでと同一の派遣先に派遣
  ③ 派遣元事業主による無期雇用
    ・無期雇用とし、自社で就業させる
  ④ その他雇用の安定を図るために必要な措置
    ・新たな就業の機会を提供するまでに行う有給の教育訓練
    ・紹介予定派遣
※労働契約申込みなし制度【平成27年10月1日施行】
 派遣先が下記の違法派遣を受け入れた場合、その時点で、派遣先が派遣労働者に対して、その派遣元における同一条件で労働契約の申込をしたものとみなす。
・労働者派遣の禁止業務に従事させた場合
・無許可の事業主から労働者派遣を受け入れた場合
・期間制限に違反して労働者派遣を受け入れた場合(H30年以降に該当)
・偽装請負の場合
 派遣先が違法派遣に該当することを知らず、かつ、知らなかったことに過失が無かった場合を除くが、法の不知は該当しない。つまり、この法を知らなかったという言訳は通用しない。


顧問社労士ならつぼみ応援団

posted by つぼみ応援団 at 08:58| Comment(0) | 法令への対応 | 更新情報をチェックする
社会保険労務士へのご相談はこちら!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。